カテゴリ:1 お月さまの話し( 1 )

お月さまの話し

b0158879_16572238.jpg

まだ寒い春の夜、わたしは東から西へと空を渡りながらU市の真上にさしかかりました。
空は雲ひとつなく澄んで、どんなに小さいものも地面にくっきりと影を落しています。
川がほどけたリボンのようです。
線路は山をまわり、川を越え、畑や家のあいだをぬって点々と光をつないでいます。
しばらく行きますと、川と線路が交わるところに小さなお地蔵さんのお堂があります。
お地蔵さんは、その時どきに優しそうにも寂しそうにも見えるですが、その夜はふっくらと微笑んでいらっしゃいました。

「こんばんは、いい夜ですね」
いつものようにご挨拶して通り過ぎようとして、ふり返りました。 
お堂の暗い縁の下に、もそっと動くものがあったのです。
ようやく芽吹きはじめた柳が縁の下を気づかっている様子です。
川風もそわそわしています。

なんだろう。黒っぽいもの。
縁の下に光を差し入れますと、猫が、なんと生まれて間もない子猫を抱いていたのです。
先っぽだけが白い足で、子猫を引きよせてはなめてやっています。
子猫はか細い足をふんばって乳を飲み、鳴き声は届きませんが、乳首を見失ってはミィミィと大さわぎしているのでしょう。
手前に見えるのは白黒のまだら、その向こうに黒いのが、その向こうにもう一匹。
ついお地蔵さんと顔を見合わせて、にっこりしてしまいました。

母さん猫が顔をあげました。
「おや、リリィじゃないか」 
小さくやつれた顔、大きい緑色の目に私が映っています。
「お月さま、あたし、子どもを生みました」
猫はよく月に語りかけるものです。
「すごいね、よくやったね、おどろいたよ」
リリィはゆっくりと目を閉じて、またゆっくりと見ひらきました。
その満ちたりて誇らしげなこと。
川風と柳がほーっ、と息をつきました。

リリィはあの寒い冬の夜をどう過ごしてきたのでしょう。
食べるものは足りたでしょうか。
このさき、3匹の子を無事に育てることができるでしょうか?

いいえ、心配はいりません。
本当のところ、リリィが子どもを生むことはないのです。

ほら、あの高い窓にいるのがリリィです。
温かく曇った窓の中でのびをしています。
「寝てたのかい?」
窓枠に頬をすりつけながら、のどの奥で「にゃお」。
とびきりご機嫌な挨拶です。

リリィ、お地蔵さんの草っぱらをおぼえてるかい?
柳と春風をおぼえてるかい?
窓から見えるだろ、おまえが生まれたところだよ。

いや、よしましょう。すっかり忘れいることでしょう。
その方がよいのです。
あのお堂の下に見えたのは、リリィの奥底ふかく沈んでいる猫の魂が見た夢だったのでしょう。

さて、川も遠のいてきました。そろそろU市とお別れして先をいそぎます。
おやすみ、リリィ。

b0158879_16493282.jpg

[PR]
by totto-nyan | 2008-07-17 15:02 | 1 お月さまの話し